白髪にオススメの商品

個人差があるかと思いますが40代以降から白髪が増えてきて悩んでいる方も多いと思います。
ここ最近ジアミンかぶれと言う言葉をよく聞くようになりましね。
敏感肌の人が昔より増えたのも一つの要因かと思います。
とは言ってもやはり白髪は隠したい。
マニキュアと言う手もありますがマニキュアだとどうしても一番いれたい根元に入りませんし時間もかかります。
今いろんなメーカーさんからトリートメント系のカラーがでています。
ジアミンも入っていませんしにおいもほとんどないものが主流です。
私も肌がとても弱く今までなかなか合うものがなかったのですが美容師をしている友人にすすめられてバンインターナショナルさんの海藻の詩を今使っています。
においはほとんどなくもちろんピリピリもしませんし素手で使用しても洗えば色が残りません。
使用方法は色々な使い方があるようですが一発で染めたい方はシャンプーした後一度乾かし塗っていただくといいです。
時間は置けば置くほど色が入ります。
毎日シャンプー後に濡れた状態で使っている方もいるようです。
色は5種類あります。
ダークチョコレート、チョコレートブラウン、キャラメルブラウン、マロンブラウン、コーヒーブラウン。
オススメはチョコレートブラウンです。
白髪に入るのはもちろんのこともう一つ利点があります。

使い続ける度にどんどん髪にはりやこしがでてきます。
根元も立ち上がってきますから髪の細い方やはりがない方にもオススメです。

 

PR:シボヘール
お腹周りの脂肪を減らすシボヘールの体験談はこちらから

 

薄毛の原因と予防・対処法

髪が薄くなった、前髪が生えてこない、分け目が広がった気がする、など、女性にとってはかなり深刻な悩みです。そこで、あなたの大事な髪を守り、増やすために今からすぐできることを紹介します。

 

髪が薄くなる原因と対策

まずは、髪型が原因になる薄毛から。

 

毎日長時間髪をきつく結っている。

 

ポニーテールは、体の重心を上に見せるため、女性を若々しく見せる髪型です。ただし、毛根には圧力がかかり、皮膚は引っ張られ、疲労してしまいます。キレイに結うために何度もブラシをかけていくうち毛がたくさん抜けたり、引っ張られ続けている生え際に負担がかかり、薄毛の原因になってしまいます。

 

⇒ボリュームを出すためなら盛り髪などをして、ポニーテールやキツい結いかたは避けましょう。

 

分け目がいつも同じ

 

分け目がいつも同じだと、紫外線がいつもそこに当たり毛根にダメージを与えます。しかも、髪はそれ自体に重みがありますので、同じ方向に引っ張られている頭皮も疲労して抜け毛の原因になります。

 

⇒分け目はちょくちょく変えて、紫外線が当たるのを避け、毛根や皮膚を疲労させないようにしましょう。

 

ブラッシングが不十分

ブラッシングには、頭皮のマッサージ効果があります。ブラッシングを怠ると、頭皮の血流が滞り、毛根に栄養分が行き渡らなくなります。

 

⇒朝晩、洗う前、寝る前、頭皮をマッサージするようにブラッシングすることで、血流を改善しましょう。

 

洗いすぎによるダメージ

 

これはすべての髪の悩みに共通する原因になっているのですが、現代人は、頭皮を守っている皮脂まで毎日のシャンプーでバリバリ引き剥がしてしまっています。必要な皮脂を奪われた毛根は、髪を適切に守ることができず抜け毛の原因になります。

 

⇒ブラッシングとぬるま湯洗いで髪の汚れはまず取れます。臭いが気になったり、余分な皮脂を取りたいなら、オリーブオイルや椿オイルで頭皮をマッサージしたあとぬるま湯で洗い流したら良いでしょう。アロマオイルなら、臭い対策にもなります。シャンプーで皮脂をすべて取り去るのは、月に一度で充分です。

 

 

生活習慣の改善

次に、生活習慣について。

 

髪は、生命の維持にはあまり貢献しないため、体に異変が起きるとまず髪を健康に保つ機能が奪い去られてしまいます。ちょっとしたストレス、片寄った食生活、寝不足、それらは、まず髪もしくは皮膚、爪など、内臓以外に回る栄養分が後回しにされ、髪は一番に犠牲になってしまいます。

 

⇒バランスの取れた食生活、規則正しい睡眠、ストレスを減らすための運動習慣を心がけてくださいね。食事を変えるのが難しい場合はサプリメントで栄養を補給するのもおすすめです。

 

日頃からほんの少し気を配ることで、あなたの髪が豊かに健康に生まれ変わるきっかけになります。

 

『髪は、女の命』。大事か髪を健やかに美しく保ってくださいませ。

PR通信制高校とは?基本の情報から、各学校の特徴などをまとめた情報サイトです。